目の下のクマのタイプ別お手入れ&治療

【青ぐま】のケア

目の周りの血行不良が原因の青ぐま。解決策は簡単に言うと、血行を良くする。の一言に付きます。まずはマッサージを目の下だけではなくて顔全体に行うといいでしょう。
実は、目の下に青ぐまがあるということは、『顔全体が血行不良』ということが多いです。ただ、皮膚がとっても薄い下まぶたのあたりだけ青さが目立っている状態・・・。
なので、全身の血行を良くするためにウォーキングをしたり、もしくはビタミンEや、高麗人参などの代謝を促進する成分が配合されたアイクリームを塗るのもよいでしょう。
個人的には疲れ目だと思った時には電子レンジでホットタオルを使って2,3分ほど温めるのがオススメです♪

【黒ぐま】のケア

このタイプの方が非常に多いです。下まぶたの薄い皮膚が、年齢によってハリがなくなるため、たるんで影ができてしまうのが黒ぐま。むくみがあると更に目立ちます。
対処法として、原因であるたるみを緩和するためにコラーゲンを増やす作用のある成分を配合した化粧水を使うのがよいでしょう。具体的には《レチノールやビタミンC誘導体、ピーリング剤》などです。これらの成分はシワにも効果的なのでオススメです♪
また、眼輪筋という目の周りにドーナツ状に付いている筋肉が減退することもたるみの原因なので、眼球ストレッチなどを取り入れるといいでしょう。

【茶ぐま】のケア

小さなシミの集合体や、目をこすってしまって出来る色素沈着、などが茶ぐまの正体です。
どれもメラニン色素が関係しているタイプのクマなので、通常の美白ケアと同じようにお手入れをするといいです。こすってしまって角質が厚くなっているようであれば、ピーリングがオススメです♪

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>