老けた印象のたるみを努力で改善♪

・こんな症状があったら、たるみかもしれません。
1、ほっぺたに、楕円形の毛穴が目立ってきた
2、下まぶたにクマのように影ができる
3、ほうれい線が目立ってきた
4、口角が下がってきた
5、顔が大きくなったような気がする
・顔のたるみはなぜ起こるのでしょうか?以下の様な原因が考えられます。
1,顔を作っている筋肉が衰えた。
40種類以上もあると言われている表情筋ですが、これらの顔の筋肉が退化すると、皮膚がたるみます。すると顔の皮膚全体がたるんで、目の下や頬がたるんだ状態になってしまうのです。無表情でいると、表情筋が衰えるので、たくさん笑う人のほうが若々しいです。
2,老化現象
皮膚の真皮層にあるコラーゲンや、コラーゲン同士を結びつけるエラスチンなどが加齢により減少すると、皮膚の伸縮性が弱くなり、肌のハリや弾力性が失われて“たるみ”となって現れるます。
3,紫外線のダメージ
紫外線によって生み出された体内の活性酸素が、真皮層にあるコラーゲンやエラスチン繊維を破壊し、皮膚の老化を早める元に。しっかりとUV対策しないといけません。
4,水分不足による乾燥
皮膚細胞内の水分不足が長期間続くと、肌のバリア機能も低下するため、肌のハリや弾力性が失われシワやたるみの元になります。こまめな水分補給がとても大切です。
また、お肌のコンディションを整えるには食事も大切です。
・たるみに効果的な食べ物
たるみを解消する成分の代表格が「大豆イソフラボン」です。
イソフラボンの理想的な摂取量は一日あたり40mg~50mg程度ですが、大豆から直接摂取するより納豆などの大豆加工食品から摂り入れる方が、体内吸収率がよいとか。
納豆なら一日1パックが目安です。
大豆イソフラボンとビタミンEを一緒に摂ると効果倍増!
ビタミンEを多く含むマグロと納豆を和えれば、簡単で美肌効果抜群の一皿になります。
いかがでしたか?当てはまる特に加齢による老化は、顔のたるみを形成する主原因とされ、いかにして肌の老化スピードを遅らせるかが、顔の〝たるみ〟対策を行う上で一番のポイントになってきます。
そのためには、顔のストレッチを行ったり、マッサージをしてあげたり、食事にも気をつけたりと、自分からケアしなければなりませんので、日頃の努力が必要です。
しかし、その努力の先には透明感のある美肌が待っているので頑張りましょうね♪

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>