便秘解消して痩せるのにもストレッチは重要!

便秘の人は、残念ながら体内に老廃物がたくさん溜まっている状態です。
老廃物が溜まった状態だと、新陳代謝が悪くなり、脂肪を蓄積しやすく燃焼しにくい状態になるのでどうしても痩せにくい体質になってしまいます。
便秘は、血液の循環が悪くなる、頭痛や目眩を引き起こす、肌荒れ起こす原因にもなります。
便秘が解消でき、ダイエットの効果を上げ、健康にも繋がるとすれば、すっきりした毎日を過ごせますね。

玄米ご飯に味噌汁、魚、惣菜を食べ、おやつはアーモンド10粒。

もちろん続けられればいいのですが、ある日突然、ジャンクフードを
バリバリ食べる!

あっという間にリバウンド。なんてことも多いようです。
こんな時は「ほどほどに実践してみる」というが案外効果的です。

我慢して、耐えて耐えて…もう無理!!!ってなる前に、
ちょこちょこと自分にご褒美あげちゃうんです。

便秘解消に効果が期待出来るストレッチがあります。
ストレッチを取り入れることで、いつの間にか便秘が解消し、痩せることが出来ればよいことですよね。
便秘を感じた時だけでなく、普段からストレッチを習慣にしておけば、重い便秘に悩まされることもなくなり、快適な毎日を過ごすことが出来ますね。
便秘が解消出来ただけで痩せることが出来たという人も多いので、ぜひ挑戦してみましょう。

床に仰向けに体をまっすぐに伸ばした状態寝ころびます。
片足だけを両手で抱え込むように胸に思い切り引き寄せ、その状態で深く呼吸をして、しばらくキープします。
元の状態に戻ったら、反対側も同じように行います。
次に、足をまっすぐに伸ばした状態から、片足を反対の足の上に伸ばします。
両手は、腰のあたりが伸びるのをイメージしながら、肩の横に大の字を書くように伸ばします。
これを左右とも行いましょう。

上記の実験例では「ウエストのサイズが有意に減少」とは書かれていますが、「効果のあるダイエット方法と思われる」と締めくくられていることから、通常のダイエット方法と比べてEMSの方が明らかに効果が大きかったとは言えないのでしょう。

「有意」の定義は「確率的に偶然とは考えにくく、意味があると考えられる」といった程度の意味合いです。ウエストのサイズが減少したのは確率的に偶然とは考えにくく、EMSによるダイエット効果が影響したと考えられる、という程度の意味合いです。

よって、目に見えるほど脂肪を減らすには、EMSを毎日長時間・長期間使い続けなければならないと思われます。

EMSを使って低温火傷による傷跡ができた、という報告があるようです。筋肉を鍛える効果やダイエット効果をうたったEMSベルトによる事故の報告が独立行政法人製品評価技術基盤機構にあったようです。

足のストレッチをして、便秘を解消しつつ足も痩せる方法があります。
仰向けに寝て、両手で腰を支え、足を天井に向かって伸ばし、空中で自転車のペダルを踏むようにして円を描くというストレッチです。

ストレッチで便秘解消の効果をしっかり出したいのであれば、早く行なわず、一つ一つの動作をゆっくり、確実に行いましょう。

そのうちの1件の報告では、EMSベルトを腹部につけて10分間を9セット連続で行ったところ、腹部に直径2㎜、深さ約1㎜の穴のような傷跡が6か所できたというものです。病院の医師による診断では「低温火傷であり、傷跡は残る」というものでした。

EMSは正しい使用方法に従わなければ危険性を伴います。上記の低温火傷の事例では、EMS本体の構造が10分間の使用で自動的に電源が切れるようになっていました。それを連続使用したために低温火傷という事故につながったようです。

また、EMSは胸部など心臓に近い部分には使用しない方がいいようです。心臓に電流が流れることから、心臓に悪影響を及ぼす可能性が考えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>