目の下の【クマ】対策

目は、その人の印象をガラッと変えるものですが、そこに出来る『クマ』って、本当に困りますよね?なんだか疲れている印象だったり、老けて見える・・・なんてことも。
メイクで隠すのではなく、すっぴんでもきれいな目元にしたいけど、どうしたらいいの?という方は是非お読みください。

*『クマ』が出来る理由

眼球の周りにはクッションのようにやわらかい脂肪がついていて、それをまぶたが支えています。
しかしまぶたはとっても薄く、乾燥にも弱いので顔の中でも特にデリケートな部分です。
その上、絶えずまばたきをするので、負荷がかかりやすい部分でもあります。
さらにまぶたはメラノサイト(メラニンを作る細胞)が活発で、色素沈着を起こしやすいため、こすったりするだけでも黒ずんでしまいます。
眠たくて目をこすったりするのも控えたほうがたるみにくいので、気をつけましょうね!

* 3種類のクマ

クマにも大きく分けて三種類存在します。

種類によって原因も対策も全く違うので、自分はどれにあてはまるのか、見てみてください。

青ぐま・・・血行不良が原因で起こる本来の意味でのクマ。
黒ぐま・・・最も多いタイプで、老化が原因で皮膚のたるみや、むくみが原因。
茶ぐま・・・シミやくすみ、色素沈着が原因。

以上の3つがクマの種類なのですが、ご自分がどれなのかはわかりましたか??
詳しい見分け方は、

・下に引っ張ると薄くなるが、完全には消えない   ➔ 青ぐま
・上を向くと、薄くなる              ➔ 黒ぐま
・引っ張っても上を向いても変わらない       ➔ 茶ぐま

さぁ、クマの種類がわかりましたか?わかったら次はお手入れ方法です!

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>