クマの知識

クマの知識について記事を書きます

クマに効果的な食

黒ぐまは食事よりもスキンケアのほうが効果的ですが、他のタイプは食事でもクマの予防ができます。自分のクマのタイプに合わせて、栄養を取り入れましょう!毎日の食事に取り入れるようにすれば改善も期待できます♪
青ぐまタイプの方は《 鉄 分 》と《 葉 酸 》を多く摂るようにするといいです。
鉄分はヘモグロビンが酸素を運ぶので血行を促し、葉酸は血液をサラサラにする効果があります。
鉄分を多く含む食品:鶏レバー、高野豆腐、ひじき、あさり、納豆、小松菜、ほうれん草、まぐろの赤身、ルッコラ など。
葉酸を多く含む食品:焼き海苔、鶏レバー、牛レバー、豚レバー、枝豆、キャベツ など。
茶ぐまタイプの方は《ビタミンC》を多く摂るようにするとシミの原因であるメラニンの生成を抑えることができるので、一日数回にわけて補給するといいでしょう。
ビタミンCを多く含む食品:赤、黄パプリカ、菜の花、ブロッコリー、カリフラワー、ゴーヤ、ピーマン、トマト など。
簡単なレシピですが、青ぐまには『トマトとルッコラとたまねぎのサラダ』がオススメ♪
玉ねぎをスライスして、ルッコラを5センチ位の大きさにカット。トマトは一口大にカットして、そこに生ハムを入れます。最後にオリーブオイルとバルサミコ酢を加えると、サッパリしておいしいですよ♪
他にも、くまが気になるときに控えたいのが砂糖の過剰摂取です。
砂糖をとりすぎると、その代謝に大量のビタミンB群が使われてしまいます。
体の疲労回復や酸化防止に役立つビタミンB群が不足すると、血液が黒ずみクマとなってあらわれてしまいますので、注意してください。

私のお気に入りのサイトを紹介します

私は普段、主に美容関連のサイトや、コラムサイトなどを見ています。その中で気に入っているものをいくつか紹介しますね。

肌荒れが治らない

脇毛の脱毛

ギャルスター

男の本音と男心

ざっくばらんに紹介させてもらいますが、上記のサイト達を良く見ています。
女性のためのコラムサイトや、脱毛の事、そして私が愛用している化粧水のサイトや、今気になっているものなど色々です。
脚やせや、脱毛レシぷなんていうサイト達はすごく役に立ちますね。そしてオンナのいろはも役に立っています。もし興味がおありならば、是非とも全てのサイトをチェックしてみてくださいね。

またそのうち紹介致します。

目の下のクマのタイプ別お手入れ&治療

【青ぐま】のケア

目の周りの血行不良が原因の青ぐま。解決策は簡単に言うと、血行を良くする。の一言に付きます。まずはマッサージを目の下だけではなくて顔全体に行うといいでしょう。
実は、目の下に青ぐまがあるということは、『顔全体が血行不良』ということが多いです。ただ、皮膚がとっても薄い下まぶたのあたりだけ青さが目立っている状態・・・。
なので、全身の血行を良くするためにウォーキングをしたり、もしくはビタミンEや、高麗人参などの代謝を促進する成分が配合されたアイクリームを塗るのもよいでしょう。
個人的には疲れ目だと思った時には電子レンジでホットタオルを使って2,3分ほど温めるのがオススメです♪

【黒ぐま】のケア

このタイプの方が非常に多いです。下まぶたの薄い皮膚が、年齢によってハリがなくなるため、たるんで影ができてしまうのが黒ぐま。むくみがあると更に目立ちます。
対処法として、原因であるたるみを緩和するためにコラーゲンを増やす作用のある成分を配合した化粧水を使うのがよいでしょう。具体的には《レチノールやビタミンC誘導体、ピーリング剤》などです。これらの成分はシワにも効果的なのでオススメです♪
また、眼輪筋という目の周りにドーナツ状に付いている筋肉が減退することもたるみの原因なので、眼球ストレッチなどを取り入れるといいでしょう。

【茶ぐま】のケア

小さなシミの集合体や、目をこすってしまって出来る色素沈着、などが茶ぐまの正体です。
どれもメラニン色素が関係しているタイプのクマなので、通常の美白ケアと同じようにお手入れをするといいです。こすってしまって角質が厚くなっているようであれば、ピーリングがオススメです♪

目の下の【クマ】対策

目は、その人の印象をガラッと変えるものですが、そこに出来る『クマ』って、本当に困りますよね?なんだか疲れている印象だったり、老けて見える・・・なんてことも。
メイクで隠すのではなく、すっぴんでもきれいな目元にしたいけど、どうしたらいいの?という方は是非お読みください。

*『クマ』が出来る理由

眼球の周りにはクッションのようにやわらかい脂肪がついていて、それをまぶたが支えています。
しかしまぶたはとっても薄く、乾燥にも弱いので顔の中でも特にデリケートな部分です。
その上、絶えずまばたきをするので、負荷がかかりやすい部分でもあります。
さらにまぶたはメラノサイト(メラニンを作る細胞)が活発で、色素沈着を起こしやすいため、こすったりするだけでも黒ずんでしまいます。
眠たくて目をこすったりするのも控えたほうがたるみにくいので、気をつけましょうね!

* 3種類のクマ

クマにも大きく分けて三種類存在します。

種類によって原因も対策も全く違うので、自分はどれにあてはまるのか、見てみてください。

青ぐま・・・血行不良が原因で起こる本来の意味でのクマ。
黒ぐま・・・最も多いタイプで、老化が原因で皮膚のたるみや、むくみが原因。
茶ぐま・・・シミやくすみ、色素沈着が原因。

以上の3つがクマの種類なのですが、ご自分がどれなのかはわかりましたか??
詳しい見分け方は、

・下に引っ張ると薄くなるが、完全には消えない   ➔ 青ぐま
・上を向くと、薄くなる              ➔ 黒ぐま
・引っ張っても上を向いても変わらない       ➔ 茶ぐま

さぁ、クマの種類がわかりましたか?わかったら次はお手入れ方法です!